歯周内科は顕微鏡と薬の治療

治療前 治療後
 治療前 治療後

歯周内科治療前後の自覚症状の変化

初診時・治療開始日歯ぐきの痛み、出血、腫れがみられます。

45歳の男性:治療前の自覚症状「歯周病」といわれました。

歯がグラグラして、噛むと痛いです。時々歯ぐきが腫れます。口臭もあります。

治療開始3週間後腫れもなくなり、歯ぐきの色もきれいなピンク色になりました。

自覚症状の変化:1週間で口臭、ネバネバ感が消失。出血なし。
1週間後の感想:「気になっていた口の匂いがなくなりました。歯ぐきが引き締まった感じです。噛んだときの違和感もなくなりました。