セラミック治療

健康保険で使用する銀色の金属はパラジウムを主体とした合金です。

このパラジウムという金属は、ヨーロッパなどではアレルギーや発がん性を指摘されており、使用を禁止されています。国によっては使用した歯科医師は罪に問われる事もあるそうです。

そんなパラジウム合金ですが、日本では金の合金の代わりに使用するように健康保険の制度で決められています。 

確かに、いわゆる銀歯は比較安価に治療ができますが、発がん性やアレルギー、虫歯になりやすいなど色々なデメリットを考えると、私は自分や家族、友人やおかだ歯科のスタッフには絶対に使用しません。 

もちろん、おかだ歯科は健康保険の治療もたくさん行いますので、患者さまの希望と予算に応じて銀歯を装着する事はございますが、本当はおかだ歯科を選んで下さった患者さまには、金属を使用しない治療を受けていただきたいと思っています。 

おかだ歯科では、出来る限り口の中には有害な金属を使用しないメタルフリーの治療を推奨しています。 

メタルフリーの一例です。

歯を補強するための土台には、グラスファイバーとレジンという樹脂を使用します。

そしてインレー(詰め物)やクラウン(被せもの)には、ジルコニアやニケイ酸リチウムガラスセラミックス、ガラスセラミックスなどを使用し、それぞれの歯から金属を排除して自然な見た目と噛み心地を実現します。

メタルフリーのセラミックス治療は、見た目の良さは勿論ですが、その最大のメリットは金属の毒性を排除する事、金属よりも天然の歯に近い硬さのためほかの歯や噛み合わせに優しい事です。

そして、おかだ歯科ではより品質の安定したオールセラミックの治療を受けていただけるよう、セレックというシステムを導入しています。

R0010202b.jpg

おかだ歯科では最新のオールセラミック治療システム
セレックAC』を導入しました。

従来は型取り歯の土台を切削後は型取りをして技工士さんがクラウンを作成していましたが、
このセレックACシステムは特殊な3Dカメラ『Blue cam』で口の中を撮影し、『cerec AC imaging unit』でクラウンやインレーの設計をします。

そして、高密度・高強度のセラミックブロックをミリングマシーン『MCXL』で削ります。
必要に応じて仕上げの焼き上げや研磨を行いお口の中に装着します。

1本あたり90分から120分ほど。即日に完成させることが可能です。

『高精度』で『高品質』かつ『審美性の高い』オールセラミック治療が、従来のセラミック治療よりも『リーズナブル』にご提供することが可能になりました。
まずはお気軽に無料カウンセリングをお受けください。