歯科|富山市のおかだ歯科医院は歯周病治療・審美歯科に取り組み、地域社会に貢献します

ミラクルデンチャー12の特徴

独創的なアイデアと新技術によって生み出された入れ歯ミラクルデンチャー

入れ歯を装着している違和感がとても少なく、自分の歯で噛んでいるような食感がよみがえります。

「入れ歯をすると味がわからない」という悩みからも解放され、「イカ・タコ・肉が無理なく噛み切れる」「堅いおかきが食べられる」「2朋寺間つけたまま生活できる」と大好評です。

歯の喪失でインプラントをと考えていた患者さんもミラクルへの志向が増えています。

今までの入れ歯とは全く違うミラクルデンチャーについて

  1. 上顎は口蓋(大きな床の部分)が抜けており、本来の食べものの味わいを戻す事が出来る。
  2. 従来の入れ歯と比べて、ほとんど何でも噛める。(おかき、おもも、するめ、ごぼう、タコ等々)
  3. 入れ歯を装着しても(重たい金属床であっても)自分の歯のように錯覚するぐらい軽い。
  4. はめているときにはまっていないと思い、はめていないときにはまっていると錯覚する患者さんが多い。
  5. 前歯部でも目立ちにくく、従来の入れ歯と異なり審美的に良くなり、入れ歯であると人から気づかれにくい。
  6. あくび、くしゃみ、大笑いしても外れることがない。
  7. 入れ歯が初めての人でも、抵抗なく入れ歯を入れる事ができる。
  8. 外しているより入れている方が楽で、入れるとホツとすると証言する患者さんが多い。
  9. 口元の緊張が緩み、また口元を気にしなくなるので、自然な顔立ちとなる。
  10. 入れ歯の床の下に、不思議なほど食べものが入りにくい。
  11. 非常に喋りやすくなる。
  12. 揺れている歯に装置をかけるとその歯の振動を止め、むしろその歯を保護してくれる。

ミラクルデンチャーと今までの入れ歯の比較

お気軽にお問い合わせください TEL 076-421-5451 受付時間 9:00~12:30/14:00~18:30
休診日:水曜午後・日曜・祝日

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ